DRMを解除しないで保存する方法

「購入した動画やダウンロードした動画を再生しようとしてもできない!!」


そのような場合、その動画には”DRM”がかかっている可能性が高いです。

DRMのかかっているコンテンツの場合、以下のように技術的保護がかかっているのが、見て取れます。

drm1

最近の動画サイトは主にフラッシュ形式でのプロテクトに移行しているサイトが多いですが、未だにこのようなWindows Media Player形式でのプロテクトをかけている動画がまだまだ多くあります。

このようなWindows Media Player形式のDRMのかかっているコンテンツの場合
  • 再生が許諾されている期間を過ぎると再生することができなくなる
  • DVDへの書き込みや別の形式への変換ができない
  • Windows Media Playerでしか再生できない
  • ダウンロードしたPC以外では再生できない


というデメリットがあります。

以前はWindows XPを持ちいたDRM解除方法がありましたが、現在の法律ではDRMを解除すること自体が違法となってしまいました。

それでも「DRM解除して保存したい!」という方には

DRMを解除せずに保存することができるソフト「ムービーグラバー」をオススメします。

ムービーグラバーの場合、
  • N高画質キャプチャー録画によって保存するので、DRMを解除しない
  • Windows 8.1/Windows 8/Windows 7/Vista対応!(各64ビット版にも対応しています。)
  • 範囲指定レコーダー機能も搭載しているので、基本的な動画サイトならほとんど保存できます。


ムービーグラバーの詳細はこちらを確認してみてください。

http://www.internal.co.jp/products/util/moviegrabber/about/

それではDRMを解除せずにムービーグラバーを使ってDRMを解除せずに高画質保存します。

注意点としてムービーグラバーで保存する前に動画を再生してライセンス認証を通しておく必要があります。

drm3

ムービーグラバーを使ってDRMコンテンツを保存する方法

ファイル追加よりwmvファイルを選択してスタートボタンを押す。

drm2

するとこのように録画が始まります。

drm4

ムービーグラバーの詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ